手軽にセミオーダー紙袋を利用しよう

以前はオリジナルのオーダー紙袋を作ろうと考えても、何千枚というロット単位が通常であり、小口でのオリジナルの注文は難しかったようです。2009年頃になると、業界ニュースとしても話題となった100枚からの小ロットセミオーダーメイドサービスが開始されました。今ではより小ロットも可能ですし、多くの企業で取り入れられています。結婚式やレセプションなどで手提げ袋をオリジナル注文したい方などに広く活用されています。 小口ロットでオリジナルバックが作れるようになったのは、生産工場を生産コストを低く抑えられる海外に設けたりといった企業ごとに行っている創意工夫により、バッグ製作にかかる費用をできる限り抑え、安価な製品作りを可能にしているためです。低予算でのオリジナルバッグを依頼できるので、より多くの企業や一般の人達がペーパーバッグや手提げ袋のオリジナル注文が可能であり、大変好評です。 ある程度の金額を出しても、サイズや用紙の種類、手提げ部分の種類、表面の加工方法や箔押し、エンボスなどといった特殊加工まで細部までこだわりたい方のために、完全オリジナルフルオーダーサービスが利用できるお店もありますので、インターネット等で検索して利用しましょう。フルの場合は最少ロット数が数百単位からであることが多いです。 

 少量のオリジナル手提げ袋やオリジナルバッグの基本的な注文方法は、幾種類かのスタンダードなタイプが設定されていますので、簡単に利用することができます。まずは数種類の用意された袋のタイプの中から、ご希望のオリジナルの手提げ袋のタイプを選択します。次に、仕様や枚数を見積もりフォームに入力して自動的に算出された見積もり価格に納得できたら、注文に進みます。仕様については、袋のカラーを用意された数種類の中から選択したり、片面印刷か両面印刷か印刷無しかを選択したり、印刷する際には印刷するカラーを選択したりします。パソコンやデザインの選択に自信がない方でも、選択していくだけですので簡単に気軽に注文できるのが魅力的です。印刷内容については印刷データを作成するか、書体見本から希望の書体を選んで、印刷したい文言とともにメールで送付するだけです。片面印刷だけでなく、両面印刷にも対応しています。 このオリジナル手提げ袋やオリジナルバッグは、お店の名前やロゴの印刷をしてビジネスにも用いるのもお勧めです。また、結婚式用や展示会用などプライベートにおいても幅広く用いることが可能ですので、大切な催しの時には是非利用しましょう。